自民党は今こそ存在感を


今の政治状況。民主党がめちゃくちゃなのは、自民党の不甲斐なさの影響が極めて大きい。普天間問題や補正予算の件でもガンガン対案を出し批判すれば、政治はいい方向に動くのに、何も発信しない。いったい何をしているのか。今は民主党の素人政権が仮免のまま暴走しているようなものだ。内閣支持率が下がっても、自民党の支持率が上がらないのは、そのためだ。自民党が存在感を示せば、それこそ2大政党の民主主義にもなるのに。おとなしい谷垣を総裁にしたのが失敗だ。

この記事へのコメント

2009年12月08日 08:31
確かに、民主党がブレまくっている今こそ、自民党がその存在をアピールすべきなのですが、谷垣総裁、どうも今の時期には不向きだったのではないかと思えます。

この記事へのトラックバック