新生自民に少し期待しよう。みんなの党になめられるな

みんなの党の渡辺が、次の衆院選で100人候補者を立てると言った。
早い話、公務員削減という政策しかない、にわか政党が調子に乗るなという感じだ。
民主党が駄目、自民党は頼りないという消去法で成立している政党だ。
党の議員の顔ぶれを見れば、この政党に未来があるわけでhない。
しっかりしてほしいのは自民党だ。
自民がなさけない状態だから、民主の馬鹿げた党首選もある。
石原を幹事長、小池を総務会長。
マスコミ向けの軽量執行部だ。
これではしんどいだろう。
人材がいないのか。
いや、茂木とか実はけっこういい人材が党内にはいる。
マスコミうけのいい連中に頼らず、そういう地味だが、実力のある、政策に強い議員をもっと登用したらいい。
そうできたときに、自民党は再生できると思う。
早い話、谷垣ではそういう判断はむつかしいのだろう。
でも、谷垣は、そいう次の保守のリーダーをつくるためのつなぎの総裁なのだ。
それを自覚し、その仕事をやってくれ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック