改憲

焦点は9条だろう。
だが、維新は相も変わらず、統治機構といって、1院制や首相公選制を言っている。
みんなの党に至っては、公務員制度改革だという。
こういう話で、論議するとしても、まるで話がまとまらない気がする。
自主憲法。連合国がつくった憲法ではなく、自主的な憲法をーというのが自民党、あるいは日本の政界の戦後一貫して続いてきたテーマだった。
やるのはいい。
だが、そのためにはしっかり議論したらいい。
96条を先行して改正し、改憲をやりやすくーというのは、まったく拙速だ。




【1000円以上送料無料】憲法「改正」の争点 資料で読む改憲論の歴史/渡辺治【RCP】
オンライン書店 BOOKFAN
著者渡辺治(編著)出版社旬報社発行年月2002年03月ISBN9784845107339ページ数76

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】憲法「改正」の争点 資料で読む改憲論の歴史/渡辺治【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

憲法問題の焦点現代改憲論の検証 / 憲法会議編【中古】afb
ブックセンターいとう
商品状態:カバー若干傷み、小口若干ヤケ・多少シミあり ※併売の為、売り切れの際はキャンセルとなる場合

楽天市場 by 憲法問題の焦点現代改憲論の検証 / 憲法会議編【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【1000円以上送料無料】憲法「改正」 軍事大国化・構造改革から改憲へ/渡辺治
オンライン書店 BOOKFAN
著者渡辺治(著)出版社旬報社発行年月2005年11月ISBN9784845109531ページ数159

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】憲法「改正」 軍事大国化・構造改革から改憲へ/渡辺治 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック