今さら、また細川とは。驚くよりあきれる

日本の政治史を振り返ると、小沢一郎が仕切った無内容な細川政権とその後の自社さ政権、民主党政権は日本を弱体化し、日本を悪くしただけだった。
民主党政権がなければ、デフレもこれほどひどくならなかっただろうし、中国による干渉に対してももっと早く手を打てていただろう。
細川政権も、たんにアンチ自民というだけの内容しかなかった。
外交上は失策だけだった。
その細川がなんと、都知事選に出る意向だという。
やめてほしい。
せっかく普通に回り始めた歴史の歯車を、また後ろに回してはならない。
「脱原発」という口当たりのいいスローガンだけで、イメージ選挙をやるのだろうが、そういう人気取り政治・選挙はもうやめてほしい。
日本の政治を停滞させないでほしい。
細川の立候補はバカ以下。都民や国民をなめるなといいたい。



平成デモクラシー 政治改革25年の歴史
講談社
佐々木毅

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平成デモクラシー 政治改革25年の歴史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

連立政権?私の細川内閣論
日本評論社
森田 実

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 連立政権?私の細川内閣論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

平成デモクラシー 政治改革25年の歴史
講談社
佐々木 毅

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 平成デモクラシー 政治改革25年の歴史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック