焦るな、日中首脳会談

日中首脳会談が必要だ、開けれないのは安倍首相の責任だという、誤った話が出回りすぎだ。
中国は、靖国参拝中止と尖閣を係争地と認めることを首脳会談の条件としている。これをのまないと、首脳会談をやらないと脅している。
こういうめちゃくちゃな条件を飲んでまで、首脳会談をやる必要はまったくない。
やらなくて困ることもない。
歴史の教訓だが、隣国とはむしろ緊張関係にあることの方が多いものだ。利害の対立することが多いからだ。
今、首脳会談をやれーというのは、中国が日本国内のシンパをあおって、政府に譲歩させようという戦術によるものだ。
無視して、冷静に中国とは距離を置いて付き合おう。隣国と仲良しになろうーというのは外交上、幻想でしかない。
意味なく首脳会談を求めるのは、中国を利するだけだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック