上山特別顧問のコンサルが失敗

IOCが4者協議を求め、東京都の特別顧問とかを務める上山慶応大教授のコンサルタントの仕事が失敗した。
そもそも知事が勝手に連れてきたコンサルが、顧問と称して勝手に方針を決めることが正しいわけがない。
これは民主主義のルールにも反するし、そもそも上山程度の人間が、偉そうに政治のコンサルをするなよ。
所詮、元官僚で、官僚が務まらず、外資系のマッキンゼーとか行った奴だろう。
テレビでこの男を見て、かなり歪んだ人格の人間だと思った。
政治家や学者、官僚がそれぞれに持つ必死さがまるでない。
もう強姦事件を放置した大学にお戻りください。
大学の教授として、ああいう破廉恥事件が起きないように学生の指導を頑張ってくれ。



日本を支配するマッキンゼー人脈—週刊東洋経済eビジネス新書No.24
東洋経済新報社
週刊東洋経済編集部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本を支配するマッキンゼー人脈—週刊東洋経済eビジネス新書No.24 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック