慶応大や立命館は事件の背景を調査しろ

慶応大で女子学生の集団暴行事件が起きたが、慶応はどうしてこういう問題が起きたのか、どう再発を防止するのか、すぐ調査を始めるのが普通だろう。
なのにまるでやる気がない。
同じことが関西の私立学校でも起きている。
立命館守山高校。ここの教師が男子生徒を家に連れ込み、強制わいせつ行為を働き逮捕された。
生徒の訴えを聞き、学校に訴えた親に対して、教員の将来を考えて警察に訴えないでくれと言った学校だ。
ひどい。
まずすべきなのは、他の被害者がいないか、なぜ、こういう教師の犯罪に気付かずにいたのか、学内態勢を調査するのが先だろう。
教員の話では過去にも被害者がいたようだ。
両方ともそれなりに人気のある私学だ。
いったいどうなっているのだ。
嘆かわしい。なぜ防げなかったのか、どう再発を防止するのか。
そのためには事実をまず正確に受け止め、関係者を処分するところから始める。
それが教育機関として当然の姿勢だろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック