電通事件、なぜ刑事処分しない

電通の過労死事件。
過労だけでなく、上司の度重なる言葉によるパワハラが自殺に追いやった。
この上司の刑事責任をなぜ問わないのか。
厚労省の処分など、誰も痛みを感じない。
刑事事件にしないと、効果的な再発防止策にもならない。
言葉のよるパワハラで心に傷を負わせ、死に追いやった。
未必の故意で、傷害致死を問えないか。
あるいは最低限、傷害罪。
サツ、検察が動かいと、ユニクロとかワタミとか、名うてのパワハラ企業は変わらない。
最低のパワハラ上司を処分できなかった会社も共犯で起訴したらいい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック