腐ったメディアと国会が日本をつぶす

森友、加計学園問題は、首相を引きずり下ろす前代未聞の「でっち上げ」報道と、それを基にした野党の個人攻撃でしかない。
もし、これで内閣が倒れたりしたら、日本の歴史の汚点を残す。
森友はどこまでいっても近畿財務局の話。詐欺師におどされて、対応をおたつき、詐欺師がそれをネタにさらにゆすったから話がでかくなっただけ。
加計の話は、単に理事長が首相と友人だという話を面白おかしく、便宜を図ったという話にでっち上げただけ。各審議会で客観的に審議され設立が決まった。
今、メディアは広告が収入がへり、どこも経営悪化している。とりわけ朝日はひどい。
面白、おかしくスキャンダルを出ってあげ、それにこれという政治テーマを持たない野党が便乗しているだけ。
嘘八百でできた民主党政権のひどさを忘れてはいけない。
枝野は東日本大震災のとき、官房長官として「メルトダウンはしていない」と言って嘘をつき続け、被爆した被害者を増やし続けた。あほの菅と一蓮托生で原発事故の処理を誤った重罪人だ。本来は詫びて議員を辞職して当然だろう。
そんな奴らが、まっとうな政治を壊そうとしている。
危機感を持って、この「でっち上げ」報道を糾弾しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック