京都を通らないリニア、本当の話をしよう

リニアの名古屋ー大阪のルートでもめている。
京都が京都を通せと言っているのは至極当然で、日本の文化・歴史遺産が集まった京都を通さない手はないだろう。
だが、JR東海には、表にしていない理由があるはずだ。
リニアが京都を通った場合、リニアが大阪まで開通して以降、現在の新幹線の乗客はガタ減りになる。
リニアを奈良通過ルートとすると、東京から京都に行くには名古屋でリニア―新幹線と乗り換えるか、新幹線で直行するかの選択になる。
リニアは名古屋駅の深い地下に入る。まして品川発。
東京から出発すると、品川で乗り換え、さらに名古屋で乗り換えて京都となる。
乗り換えのロスを考えると、新幹線で直通した方がいいと判断する人が多いだろう。
逆にいうと、もしリニアを京都に通すと、現在の新幹線に乗る人は減り経営難に陥る。
そう考えて奈良ルートにしていると考えて間違いないだろう。
多分、京都と奈良の県境部分の「関西学研都市」に通して、京都の顔を立て、国策の学研都市のアクセスも良くするというような話で落ち着かせる策略なのだろう。
一理あるが、京都のみなさん、それに騙されてはいけない。
落としどころを最初から考えているずるい策略にはまってはいけない。
本来は、やはりリニアは京都を通すべきだろう。
新幹線をどうするかは、また考えたらいい。
甲賀とかを地下で抜けば、名古屋ー京都もほぼ直線で行ける。
100年後を考えた時、京都を通らないリニアは絶対、後悔する。
万一、京都南部に来るにしても、北陸新幹線とつなぐなど、高速アクセスが絶対欠かせない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック