JRの地域分割の弊害を直せ

関西にいると、JR西日本と東海のちぐはぐさに苛立つことが多い。
なぜ、これが国政で問題にならないのか不思議だ。
そもそも民営化した時、東海道新幹線をすべて東海所有にしたことが正しかったのか。ほとんどの問題はそこに行きつく。
リニアの問題。東海はまず名古屋まで開通という計画をたてた。
普通なら、全線開業を視野に計画すべきだろうが、名古屋に本社を置き、今や中京経済界に大きな影響力を持つ東海は、自社の経済界での発言力を増すためにも、名古屋まで先行開業を決めた。
そして京都を通さないル―ト。これも名古屋さえ通せば、あとは大阪までつなぐだけでよいーという程度の認識だろう。
そもそも京都も大阪も東海にすれば、西日本のエリアで、どうなろうと知ったことはない話なのだ。
日本全体のことを考えてみよう。
日本人なら、名古屋を外しても京都だろう。名古屋など行かないまま人生を終える人が相当いるだろうが、京都は1000年にわたり都がおかれた、世界的な歴史都市だ。リニアが京都を通らないと知ると、物の分かる外国人は「クレージー」と嘲るだろう。
だが、東海はそういう認識も考慮もしない。京都は西日本エリアの都市だからだ。
一方、北陸新幹線のルートには西日本の愚かなエリア主義が顔を出す。
普通に考えれば、米原に接続し大阪まで乗り入れたらいい。
東海は余裕がないというが、北陸新幹線は1時間に3本程度の運行だ。こだまやひかりのダイヤを調整したりすれば十分入れられる。なんなら米原までの電車も入れたらいい。
リニアの開業以降は、東海道新幹線の需要は大きく減る。
その時はゆうゆう北陸から直通の新幹線を走らせ得る。無駄な税金の乱用はやめるべきだ。
だが、西日本にすれば、小浜から京都ー新大阪へ入れれば、ほしかった新大阪―京都間の乗客を東海から奪える。
これが抜群に美味しいわけだ。
インバウンド客なども含め、京都までの乗客は多い。これをすべて東海に奪われていたのを奪い返せる。
それで京田辺あたりを通るルートを作って、京都に地元負担をさせる口実をつくった。
関西にとって一番重要なのは、関空まで新大阪、大阪から直通する新幹線だ。
北陸新幹線をここにつなぐことが大きな効果を生むのだが、西日本はそれより大阪ー京都間の客を東海から奪うのに力を入れている。
京都、関空へのアクセス機能という重要なポイントが、JR2社の思惑で無視されている。
空転し、ろくな論議もしない国会。無駄な税金を食い散らし役に立たない国会議員ばかりだから、JRに対す政治のグリップが効かないのだ。
そもそもJRは、税金を投入した国鉄の資産を受け継いでできた会社だ。純粋の民間企業ではない。
公共性を考えろ。
それを言えるのは本来、政府であり国会だ。
政治不在が2社の横暴を許している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック