テーマ:東京五輪

五輪の他県費用は都が大部分負担しろ。当たり前

招致段階では、他県開催の仮設費用や開催費用は組織委員会負担となっているが、その後、東京の開催費を削減するため、多くの協議を周辺の県に分散した。 馬鹿でも分かる。 それらの負担は本来、都が担うものだ。 26日、組織委員会に行った宮城県知事が、どの問題を指摘した森会長に文句を言っていたが、この知事、馬鹿じゃないのか。 最初は宮城、北…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

このままでは東京五輪は失敗するのは確実

神奈川の黒岩知事が怒っているが、五輪の会場を引き受けたものの、東京から少しも「お願いします」と敬意を示す依頼がされていない。 小池知事は自分が目立つパフォーマンスにしか関心がないから、五輪を成功させる気持ちはゼロ。 まじ、このままでは五輪準備は動かないだろう。 最大の原因は都庁が動いていないこと。 それは当たり前だ。 上山と言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環状2号線はどうなった、五輪は大丈夫か?

東京五輪。 会場は計画通りになって、まあ一安心だが、困ったのが築地の環状2号の問題だ。 小池知事のめちゃくちゃ、あるいは森元首相への嫌がらせのせいで、五輪前に開通のめどが立たない。 できないと、選手村からの輸送はめちゃくちゃだろう。 第一、豊洲の新市場のどこに問題があるのだ。 環境調査もOKだし、すぐ移転したらいいだけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上山の操り人形なのがバレバレ

五輪の会場を決める4者のトップの協議。 全部、公開にして本当に良かった。 なぜか? ニュースでも映していたが、東京都は特別顧問の上山がしょっちゅう、小池にヒソヒソ話し掛け、指示していた。 これで小池が操り人形なのがはっきりした。 そもそもなぜ、東京都の幹部でもない上山が4者協議の場に出席しているのか不思議だったが、その結果「2人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪4者協議では、是非、環状2号線の開通を話そう

小池都知事のやっていることは、みな不要な話ばかりだ。 五輪も長年かけて決めたものを、言いがかりをつけてもめただけ。 IOC、組織員会のお蔭で何とか、原案通りになったが、めちゃくちゃなのが豊洲。 IOCのような止め役がいないから、小池が暴走してしまった。 地下ピットがあってもなんら環境も構造上も問題がなく、盛り土をしない分、地盤沈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビックリ!なぜ上山が五輪の実務者協議にでているのか?

五輪の4者による実務者協議が始まった。 でもテレビを見ていて驚いた。 東京都から特別顧問の上山が出ていた。 この人、どういう権限を持った人なの。慶応の教授で、コンサルでしょう。 都を代表して仕事をするのなら、その権限や義務を条例で定めないといけないだろう。 ボート会場を宮城の知事に持ちかけた時など、この人、公私混同が激しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふざけるな、オリンピック道路が間に合わないなんて

小池知事が、五輪に欠かせない環状2号線が五輪に間に合わないと宣言した。 驚く。 間に合わそうと努力する気持ちもない。 五輪開催地の知事としての自覚がゼロだ。 そもそも環境については専門家が地下空間があっても問題ないし、地下水検査も問題ないと言っている。 なぜ、移転しないのか。 風評被害?知事が勝手に騒ぐから、不安が起きている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池にメディアの逆風が吹き出した

就任以来、五輪、豊洲問題と、これまでの都政のアラ捜しだけしている小池知事。 いずれも、ほとんど問題のないこと(豊洲も地下空間があっても環境面で何ら問題がないのははっきりしてきた)ことが分かってきて、小池が人気取りのためにあおっているだけなのがはっきりしてきた。 早い話、化けの皮がはがれてきた。 これもで小池の作戦に載ってきたメディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題だ、上山特別顧問の発言

18日のBSフジのプライムニュースに出た東京都の特別顧問の上山慶応大教授の発言は、でたらめ、五輪関係者を見下した発言は即刻、撤回を求めるべきだろう。 五輪組織委員会が、ボート会場に名乗り上げた宮城県に9条件を示したことに対して、「これだけ早く対応できるようになって成長した」という趣旨の発言をした。 この人は根本的に分かっていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都心から身近なところでボートを楽しもう

銀座からすぐのとkろで、勤務後、ボートやカヌーを楽しむ。 五輪の会場が予定通り海の森で行われれば、五輪後、こういうことが可能になる。 素晴らしい。ボートやカヌー会場は都心から遠い湖やダム湖などが使われてきたが、これだけ都心から近い会場は初めてだろう。 素晴らしい五輪遺産になる。 ボートやカヌーが楽しめるスポーツだ。 こういう未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興予算を五輪ボートに使うのに抗議しよう

被災者にとって、生活再建は至難の道だ。 家を、店を再建するために1万円でも、2万円でもお金が必要なものだ。 そのために、多くの人が寄付した。 そのお金をどうして簡単に五輪の会場整備に使うという発想になるのか。 役所に寄付したのではない。 被災者のために寄付したのだ。 それを軽々しく、五輪のために使うという知事はいったい何なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪会場に復興の寄付金を使うな

宮城県知事が、五輪のボート会場の整備に復興支援に寄せられた寄付金を使うと聞いて、耳を疑った。 寄付は被災者にとって重要な生活資金になる。 一過性の五輪のために使うのは全く筋違いだ。 この知事はおかしいのではないか。 以前から小池知事と話し合い、準備を進めていたことを、五輪組織員会が「不透明」と批判したことに「いちゃもんをつけてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、ボート会場を宮城に

東京五輪は世界都市・東京の新たな未来を創るために開くものだ。 海沿いの公園とセットになった総合的なウオータースポーツ施設は、都民に自然と親しむ場を作ると同時に、ビジネス街などから短時間で行ける生涯スポーツの拠点を整備することにつながる。 なぜ、こういうレガシーというか、後利用の利点に目を向けないのか。 海の見える場所でボートレース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボート会場 都心に自然は東京五輪の開催理念

まるで海の森競技場が悪い施設のように語られているが、東京五輪の開催理念をもう一度、振り返ってほしい。 一つは「都心に緑のネットワーク」をつくり、自然と共生できる都市にすることだったし、身近なスポーツ施設をつくり、大都市の不足する健康スポーツの場を設けることだった。 今回の多くの施設がこれと合致している。小池知事がやり玉にあげる各施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more